現金化で注意すべきこと|今スグ現金が必要に…そんなときはカード現金化で緊急事態を回避

今スグ現金が必要に…そんなときはカード現金化で緊急事態を回避

現金化で注意すべきこと

現金の計算

クレジットカードで購入した商品を、すぐ買取に出して現金を得る。
これがクレジットカード現金化の仕組みなのですが、これだけ見れば個人でも現金化をすることができることに気づくのではないでしょうか。
最もわかりやすいのが、特定の商品を購入し、オークションなどで販売する行為です。
モノによってはかなりの高値がつくため、大きく利益を獲得したうえで現金化をすることができます。
しかし、これは転売と呼ばれる行為になってしまうことが多く、違法行為として規制される可能性が非常に高いです。
場合によってはクレジットカードの利用を強制停止させられる可能性もあるため、こうした個人での現金化はオススメしません。
現金化をするのであれば、必ず信頼できる業者に依頼しておこなうようにしましょう。

また、業者にクレジットカード現金化を依頼した場合にも気をつけなければいけないことがあります。
先ほどの例で言うと、もしクレジットカードのショッピング枠が5万円しか残っていない場合、みなさんが10万円を手にすることはできません。
あくまでも余っているショッピング枠内で一度買い物をおこなう必要があるため、5万円分しかショッピング枠が余っていないのであれば、5万円以内の買い物しかできないのです。
また、クレジットカード現金化はただ現金を手にできるシステムではありません。
一度クレジットカードで業者から商品を購入しているため、後日請求は来ます。
あくまでも一時的に現金を前借りしているだけに過ぎないため、請求が来たらきちんと支払うようにしましょう。
ただ、消費者金融を利用する場合と違い、ただ買い物をしただけですので、余計な利子を支払う必要はないのでご安心を。